新潟県神社探訪

瑞玉神社(小千谷市城内〈じょうない〉)

小千谷市城内の瑞玉神社
瑞玉神社(みずたまじんじゃ)は,JR(信越本線)小千谷駅の西1.8キロメートルに鎮座する。
「神社明細帳」(明治十六年)に「北魚沼郡千谷川村西千谷川村字上ノ山 無格社 瑞玉神社」とある。
創立年月は不詳。千谷川村と西千谷川村両村の産土神で,祭神は大國主命である。
慶應三年(1867)吉田家より社号の許可を受け,従前の鎮座地の字石打より移転した。「石打大神」と称す。
維新後,柏崎縣によって一時,村社に列せられたが廃され,明治十七年(1884)にふたたび新潟県による村社に昇格した。
明治四十二年(1908),字天王の津島社(祭神は素盞嗚命で,往古,相川村字天王より移転したという)を合併。
小千谷市城内の瑞玉神社社殿小千谷市城内の瑞玉神社社殿額
小千谷市城内の瑞玉神社本殿
本殿はまったく見えない。

(新潟県小千谷市城内1丁目8番11号)
2013.8.24


新潟県神社探訪