大分市神社探訪

亀都起神社(玖珠町大隈〈くすまちおおくま〉)

亀都起神社鳥居
亀都起神社(きつきじんじゃ)は,玖珠町の大隈地区に鎮座する。社地は切株山の真東にあたる。
社蔵の縁起によると,養老二年(718)に出雲国の杵築神社(現在の出雲大社)から神速素佐之男命と稲田姫之命を勧請したという。
(現在の出雲大社の祭神は大国主大神であるが,かつてはスサノヲが主祭神だったらしく,寛文六年(1666)に奉納された鳥居には「素戔嗚尊者雲陽大社神也」と刻されている。)
境内に六世紀の造営とされる亀都起古墳がある。古代のこの一帯の支配者が出雲の神を祭ったのが当社の起源であろう。
同じ縁起には,天延三年(975)に豊後の賀来の善神王宮(大分市賀来に鎮座する賀来神社であろう)から勧請した武内大神を合祀したとある。

亀都起神社社殿全景亀都起神社本殿側面
拝殿,本殿とも入母屋造りで,いずれも妻入りである。
亀都起神社拝殿内部
拝殿には「須佐之男命」と書かれた赤い面が掛かっている。

亀都起神社拝殿前の狛犬亀都起神社拝殿前の狛犬
拝殿前の狛犬。
背後の建物には「宝来神社・皇大神宮遥拝所」と書かれていたが,詳細不明。

なお,当社は山田洋次「男はつらいよ」第43作(1990年)のラストシーンのロケ地である。

(大分県玖珠郡玖珠町大字大隈)
2007年3月28日


大分神社探訪